「はてさて」は書く習慣を身につける最強ツール

どうも。春眠亭あくびです。

最近、メモ帳を開くと必ず「はてさて」と書くようにしている。

何の意味もない言葉。

間を埋めるだけの言葉。

しかして、この「はてさて」を書くと、自然と言葉がツラツラ出てくるから不思議だ。

僕は「はてさて」のおかげで、かなり書く習慣が身についてきた。

「人間にやる気スイッチはない、行動する中でやる気がでてくる」

最近の習慣化系の本で必ずと言っていいほど書いてある常套句。

でも、そうなんだと思う。

「はてさて」と書くことに何の意味はないけど、書くことによって脳が書くモードに入るのかもしれない。

「さて」じゃなんか味気ない。2文字だとブーストがかからない。

「はてさて」だとなんかいい。書く気になる。

そして、「はてさて」と書くことになんのハードルもない。これも重要だ。

考える必要もない。メモ帳開いて「はてさて」と書くだけだからだ。

そうやってはてさて書いているうちに、脳がなんとなく、「はてさてと書いたら書くモードになる」と錯覚し始める。

そうなったらしめたもの。あとは脳が横道に逸れるまで、ひたすら書きまくればいい。

なかなか書く習慣が身につかない人。「はてさて」から始めてみてはいかがだろう。

はてさて、今日は何を書こうかしら。

アバター
この記事、そこそこ面白かったですか? であれば、ぜひ無料メルマガに登録してってください。インターネットの広い海、もう二度とお目にかかれないと思います。これも何かの縁、いつでも配信停止していいので、とりあえずメルマガに登録してみてください! メルマガ登録ページ